代表blog ~音楽、ときどきコンサルやコーチング〜

ポップス・コンサート

本年度、各地でコンサートを開いたポップスのメンバーでの最終公演。 今日は千葉で行いました。 1年の間に、5回の演奏会を開催しました。 さすがに息もピッタリ・・・・とまでは行きませんでしたが、来場のみなさんには大変喜んで頂けたようです。 このメンバーでの演奏も最後だと思うと、ちょっと寂しくもありますが、達成感からくる安堵感のほうが大きいようです。 来年度からは、また別のメンバーで各地での公演をやります。

歌ダビング・シリーズ 第1弾終了

去年の10月から続いていた、シリーズの歌ダビング 400曲 が、本日終了しました。 さすがに400曲ともなると、少し疲れました。 歌の編集と修正には自信が出来ました。 直前に歌い手が喉を痛めて歌えなくなったため、急遽別の人に代わってもらった事もありました。 前日にダブルブッキングが判明して、スケジュールをあわてて変更したり、いろいろなことがありました。 しかし、おおむね順調に進んだ仕事といって良いでしょう。 1曲30分としても、膨大な時間がかかりました。 このシリーズは、1年半後、後半が始まります。 また400曲やります。 今日は歌手の人達をアップします。

Mオケ 最終練習

明日はMオケの本番 at みなとみらい。 今日は最終練習でした。 1箇所上手く行かないソロがありました。 悔しいけど、明日は成功させます! ところで、練習前のお昼ご飯は、東大島の食堂へ。 前回、この会場のリハのときに、S氏は入ってみて、なかなか良い評価だったところです。 ハンバーグを食べましたが、なかなかの美味でした。 そこへ、当のS氏が偶然登場。 かと思ったら、もうひとりのクラ吹きも偶然登場! 思わずパート練習(食事)に早変わり。 この3人が、揃って次の本番には乗れないことは、ナイショです!

仏像に囲まれて

今日はジャズライブのリハ、第1日目。 いつものようにメンバーのT氏の自宅スタジオで練習。 いつもの部屋が使用中だったので、奥の部屋で行う事に。 (東京中心部でふたつも音だし出来る部屋を持っているのは凄いです) その部屋は、もともとT氏のおじいさんが使っていたアトリエとのこと。 その方は著名な彫刻家だったらしく、部屋の周りには、多くの仏像や作りかけの胸像などがずらり。 なんだか、たくさんの瞳に見つめられながらの練習となりました。

歌ダビング

去年の10月からシリーズでやっている歌ダビングの作業は、来週で400曲になります。 半分は童謡や唱歌なので、そんなに録音に時間がかかるわけではないのですが、帰ってからの直し作業が膨大です。 もちろん、そのおかげで録音時間の短縮になっているのですが。 予定では、全800曲あります。 まだまだ道なかばです。

担々麺

久しぶりによつ葉の担々麺を食べに行きました。 近所の名店です。 冬に行くのは初めてかもしれません。

キース・エマーソン

キース・エマーソンが亡くなったというニュースが世界中を巡っています。 私にとっては、一生で1番の訃報です。(もし両親が亡くなったら別ですが) キースは私にとって、世界一のアイドルです。 高校生のころ、必死でELPやNICEのコピーをして、学園祭で演奏したこともありました。 さすがにキーボードにナイフを立てるのは、勿体なくてできませんでしたが。 その後、必要に迫られてジャズのコピーをした以外では、唯一のことでした。 最初に耳にしたのは「展覧会の絵」。 そして、その後伝説となる甲子園でのコンサートに行きました。 高校1年生のころでした。 そういえば、日本で野球場でコンサートをやったのは、ELPが史上初でした。 途中で電源を切られてしまった(それゆえに伝説となりました)、たった20分のコンサート。 その後、Trilogy、Tarcusと買い続け、NICEやKING CLIMSON等へとレコード漁りは発展して行きました。 TARCUSは世界中のミュージシャンがカバーしてゆく事になります。 日本でも、ピアノの黒田アキ、吉松隆のオーケストラ(大河ドラマ「平清盛」のタイトルになったときにはビックリしました。)など。 まだまだ彼のピアノを聞きたかったなぁ。 RIP.

中島啓江さん。

今日は、故中島啓江さんがライフワークにしていた「夢で逢いましょう」コンサートの、最終公演でした。 なんと22年目です。 もちろんご本人は一昨年の11月に急逝されましたので、今年の公演には出演出来ません。 でも、コンサートの企画が素晴らしく、最後は涙ものでした。 これでやっと一区切りついた感じです。 思えば、10年以上もCDディレクターを務めさせて頂いたアーティストです。 私のディレクター人生で、最も長い期間担当させて頂いたことになります。 想い出はたくさん有り過ぎて胸がいっぱいになります。 真夜中に作詞の相談を2時間も電話で話したり、歌のディレクションで意見の食い違いがあって、それでもとりあえず歌ってくれて、最後には私の真意を理解してくれたことも、良い想い出です。 寂しいことですが、これからは、啓江さんの残してくれたものや、彼女が切り開いてくれたクラシックとポップスの融合という大事なもの、それらを引き継いでいこうと思います。 安らかに眠って下さい。

夢で逢いましょう

今日はこれを観に行ってきました。 主人公は去年、他界してしまいましたが、故人の遺志を継いで、一年限りの復活です。 約13年もの間、CDのディレクションを担当させて頂いた、大事な方でした。 今日のコンサートも、感動を呼ぶ、素晴らしいものでした。 今週末まで、6日間の公演です。

ジャズライブ

今日はジャズライブを観に行きました。 出演者4人が全員仲間という、楽しいライブでした。 ピアノトリオが二組。ドラムスとベースは共通の二人です。 Pf:竹本隼也:私と同じNPOで指導員をしています。パワー溢れるプレイと、センスが光る(ギャグセンスも)アレンジ。私が毎年出演させて頂いているサテンドールのライブでも、いつも一緒です。 Pf:野口茜:やはり私が指導員をしているNPOに、竹本君を紹介してくれていらいの知り合い。美しい音色、愛に溢れたフレーズ。詩人のようなラテンジャズピアニストです。 B:澤田雅弘:やはり私が毎年出演させて頂いているサテンドールのライブでいつもご一緒しています。メロディ溢れるベース弾きです。 D:島野和樹:やはり私が毎年出演させて頂いているサテンドールのライブでいつもご一緒させて頂いています。そして・・・なんと彼は私の大学の後輩です!  この世界にはめったにいない東工大出身ドラマーです。

音程直し

昨年末から3月にかけて、約200曲の歌の音程補正をしています。 今日も一日中やってました。 何日も続く予定です。

ポップスクラリネット奏者micinaさん

1月から続いていた、ポップスクラリネット奏者である、micinaさんの制作が、やっと本日終わりました。 今日は最後のTDとマスタリング。 弊社の編集ルームが大活躍しました。 なんと、編集室で追加録音までやりました。 micinaさんはクラリネットの技術の高さはもちろんびこと、作曲力もピカイチで、とてもエキサイティングな1枚になりました。 数年のうちには、もっと有名になるべき人です。

芝居オペラ

昨日、いつも撮影でお世話になっているシンフォニクスさんにおじゃましてきました。 そういえば、新しいオフィスに伺うのは初めてです。 3つの編集ブースがあり、心地よく仕事が出来そうな部屋でした。 同時に3つの編集が出来るなんて、羨ましいかぎりです! そして本題の打合せは、5月のお芝居オペラの撮影の件。 今回のお芝居オペラのプロデューサーであり、ジェイズミュージックがプロデュースしている、アンサンブル楽譜を発売して頂いている、花曜社の社長さんでもある林さんとの打合せです。 なんと林さんの本業は、オーボエ奏者なんです! 海外のオケの首席も務められたことのある、上手なかたです。 しかしこの「お芝居オペラ」。 モーツァルトのフィガロを題材にしているのですが、歌はまったくありません。 完全なお芝居形式で、舞台上に管楽10重奏がならんで、モーツァルトの曲を演奏する、という、前代未聞のこころみ。 さてどんな舞台になりますやら。

Copyright © jeysmusic 2015 

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter クリーン グレー