Copyright © jeysmusic 2015 

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter クリーン グレー

CDプレスとCDコピーの違い

 

CD制作を検討する際、CDプレス・CDコピーのどちらを選ぶかで悩む方は多いです。

2つの違いを理解しないままCD制作を進めると、目的・用途に合わないCDになる可能性が大きいです。

CD制作の前に、CDプレス・CDコピーの違いを理解する必要があります。

 

CDコピー

 

データが何も入っていないCD-Rに、データを書き込む方法です。

パソコンで手軽かつ素早くできるので、CDを焼いた経験をお持ちの方も多いと思います。

一般的にCD-Rの盤面は白地で、インクジェット印刷ができます。

自宅でラベルメーカーなどを作成し、レーベル印刷ができるのが魅力的です。

ただ、CD-Rと再生プレーヤーの相性によって、再生できない場合もあります。

 

CDプレス

 

一方のCDプレスはまず、スタンパーと呼ばれる原盤を作成します。

この原盤を基にCDの量産が可能なことが特徴です。

データの書き込みではなく、物理的にデータを刻むので、再生できないという問題が起こりません。

また、シルク印刷・オフセット印刷などで印刷するので、高品質なディスクに仕上がります。市販の音楽CDなどはこの方法です。

 

それぞれの特徴

 

CDコピーは誰でも簡単にCD制作ができ、制作費用も安く抑えられます。

1枚から必要枚数だけ作成できるので、小ロットのCD制作におすすめです。

市販品のクオリティを求めるなら、CDプレスを選びましょう。

大量生産でも1枚1枚の品質は変わらず、良質な音をそのまま記録することが可能です。

枚数が少ないと割高ですが、200枚以上制作するならコピーよりも単価が格安になります。

他にも、CDコピーの納期が最速2~3日で対応することが可能なのに対し、CDプレスは通常7~10営業日かかるといった違いがあります。

CD制作の目的に合わせて選ぶのが大切です。

 

CD制作をお考えの方は、ぜひ当社にお任せください。

当社では音楽プロデュースから録音、CD・DVD制作までを豊富な経験を活かし、確かな録音技術でお手伝いしております。

発表会・ナレーション・朗読など、ジャンル問わず出張録音いたします。

編集や料金などに関するご相談もお気軽にお問い合わせください。