メジャーとインディーズの違いとは

 

音楽の分野でインディーズとメジャーという言葉があります。

インディーズとメジャーは一般的にはプロのアーティストを指す言葉ですが、この両者の違いはなんでしょうか。

ここではインディーズとメジャー、両者の特徴についてご紹介いたします。

 

インディーズアーティスト

 

まずはインディーズについてご紹介いたします。 インディーズはアマチュアアーティストと勘違いされやすいのですが、結論からいえばメジャーデビューを果たしているアーティストと同じくプロの方々です。

インディーズとはすなわち、日本レコード協会に加盟していないレコード会社に所属しているアーティストや個人で活動するアーティストのことです。

実際、有名アーティストの中には数多くのインディーズアーティストがいらっしゃいます。

 

メジャーアーティスト

 

対してメジャーアーティストは、日本レコード協会に加盟している大手レコード会社に所属しているアーティストのことを指します。

メジャーとインディーズを比べると「メジャーの方がアーティストとして優れている」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、必ずしもそうではありません。

なぜなら、晴れてメジャーデビューを果たすも才能が開花せず契約を切られるアーティストもいらっしゃいますし、インディーズで大成功を収めているアーティストも数多くいらっしゃるからです。

メジャーはインディーズの上位互換であるというわけはなく、どちらも優れたプロアーティストであることは変わりありません。

 

両者の活動の違いとは

 

両者の活動を見てみると、音楽CDを制作して消費者に販売しているという形態は同じです。

しかし、メジャーアーティストは大手レコード会社に所属しているが故に、非常に強いマーケティング力の下でCDを販売することができます。

しかしマーケティング力が大きい反面、売上時の取り分がインディーズより少なくなることも多く、楽曲に対して会社が介入することも多々あり、何かと制約が多くなっています。

 

インディーズはマーケティング力が劣るため、CD店に置いてもらうことさえ難しい場合があります。

しかし、楽曲に対する介入や細かい制約もほとんどなく、自分たちのペースで音楽活動を行うことができます。

事務所でCDを制作し販売することもできますし、CDプレスなどを利用して自分たちで販売することも可能です。

販売活動、音楽活動共に自由度が高いものですが、その反面マーケティングの手腕や優れた音楽センスが問われます。

 

当社ではCDプレスやCD制作を格安料金で行っております。

インディーズアーティストとして活躍したいとお考えの方は、ぜひ当社をご活用ください。

Copyright © jeysmusic 2015 

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter クリーン グレー